<< 秋の空はなんとやら     梨をほおばる >>